雑誌「momo」には子育て世代の暮らしのヒントがたくさん

※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

自分の興味や情報の引き出しは偏りがち。

でも、こんなこともあるんだ、へぇ〜こうしたらいいかも、というヒントがあると、自分の暮らしの密度も高まるように思います。

「momo」は子育て中のパパ・ママをターゲットにした雑誌で、子どもとの暮らしに参考になるヒントがたくさんあるんです。

この記事では私のお気に入りの雑誌について紹介します。

1:momoについて

大人の子育てを豊かにする、ファミリーマガジン

引用元:momo

30代〜40代の子育て世代をターゲットに、子どもとの衣食住にまつわるヒントが詰まった雑誌です。

年2回発行されているムック本で、全国の書店、Amazon、楽天などで販売されています。

最新号

1-1:momoのおすすめポイント

①子どもと生活を楽しむヒントがある

食だったり、お出かけだったり、遊びだったり、音楽だったり。
子どもとするには何かと制約もあったりするけど、それを楽しむ工夫やヒントが詰まってる。

②情報が”東京”に集中していない

一般的な雑誌で紹介される店や場所は、よほど地方を特集したものでない限り、”東京”などの都市部の情報に偏りがち。
でもmomoで紹介されているお店は全国各地の情報がたくさん。
旅行の目的地にしたくなるような場所や、帰省ついでに足を伸ばせそうなんて場所も掲載されているのが我が家にとっては嬉しいポイントでした。

③特集以外の小さなコーナーも”知りたい”が詰まってる

・日本の色図鑑

・絵本とおもちゃでゆっくり子育て

・はじめてのママカメラ

・世界各地からの子育て便り

など、毎号掲載されているコーナーがあります。

子どもとの会話の話題になったり、次の休みはこう遊んでみようかな!と思えるようなヒントがあります。

2:初めて買った「ボードゲーム特集号」

ボードゲームが好きで、この表紙のボードゲームを持っていたこともあり、書店でビビッと目につきました。

子どもと遊べるボードゲーム、まだまだたくさん知りたい!!!という思いと繋がって、即、レジに持っていってました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

momo vol.28 ボードゲーム特集号
価格:1,430円(税込、送料無料) (2024/6/19時点)


全国のボードゲーム店が知れる

全国にあるボードゲーム屋さんを知ることができるんです。

帰省ついでに行きたいお店が見つかりました♪

対象年齢やプレイ時間など、ゲームを選ぶ時の参考になる情報が見やすい

ボードゲームをやってみたいなと思っても、何から選んでいいのか、どれが自分たち家族に合っているのかはなかなか分かりにくいですよね。

「ボードゲーム店のスタッフおすすめのゲーム」

「サクッと短時間で楽しいゲーム」

「じっくりやりこめるゲーム」

などいろいろなカテゴリに分かれていてみやすいんです。

しかも、対象年齢やプレイ時間なども一目でわかるようになっています。

パパ
パパ

これを読んで何個かボードゲームを買い足しました!!

3:まだ買えるバックナンバー

4:まとめ

最近気に入っている雑誌「momo」をご紹介しました。

子どもとの暮らしのヒントや、生活を楽しくする工夫をさまざまなテーマから伝えている雑誌です。

これを読むとちょっと自分の中の引き出しを豊かになるような気がします。

最新号に掲載されていた図書館に早速行ってみようかなと思っています♪

タイトルとURLをコピーしました